お姫様気分でいいんじゃない?

ジュエリーを身につける。

女性にとって、
子供の頃から『きらきら』したモノへの憧れは
少なからずもっているもの。

幼い頃は、
フリフリのお姫様ドレスを着ていても
着ぐるみみたいな格好をしていても
何の違和感もなく見てもらえるし
どれだけ主張した格好でも良かったりします。

大人になるに連れて、
ファッションの自由は周りの目に奪われていくし、
日常の現実に同化していくけれど。。。

ジュエリーまで、
主張しないよう小さくする必要はない.

お姫様気分で、幼き少女の頃の憧れを
ジュエリーに求めていいんじゃないかな?

そんな風に思っています。

日本では、外国の女性と比べると
ファッションの中で胸元や耳元を主張するような
ボリュームのジュエリーの付け方をする人が少ないと思いますが、
身体つきが華奢とはいえ、

近づかないと見えないほどのペンダントより
もう少し華やかさを添えてあげてもいいのに、、

と感じることがよくあります。

好みは十人十色ですから
どんなものを選ぶか はその人でいいと思いますが

もし何となく『無難に』ジュエリーを選んでいるとしたら、、、
もっと心がときめくものを探して欲しいなって思います。

誰かの、そんなジュエリーが創れたら
そんな存在になれたら。。。

デザイナーとして、嬉しいですね。
がんばります。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。