デザイン日記 『Buds of lotus 〜蓮の蕾〜』

lotas-design2
現在、『Buds of lotus 〜蓮の蕾〜』をテーマした
デザインのリング制作をしています。

「蓮は泥より出でて泥に染まらず」と称されるよう、
泥水を自分の糧として、泥沼の上に白く美しい花を咲かせるために
インドの女神様であるラクシュミー神の肖像画にも描かれていました。

ラクシュミー神は、美と豊穣と幸運を司るとても美しい神様で、
10月末から11月初めのインド歴の第七番目の月の初めの日「ディーワーリー」
(दीवाली, Diwali/またはサンスクリット:दीपावली, Deepawali)とは、
日本人が滞在すると、日本で言う『お正月』のような時期ですが、
本来はラクシュミーを祝うお祭りです。

そういった深い意味をもつ蓮(ロータス)なので、
テーマにするのは少し勇気が必要でしたが、
『蓮の花ように環境に流されず、強くしなやかに、美しく生きたい』
そんな方に渡って欲しいと願いを込めています。

形になって誰かの手元に届く日まで、もう少し、、、

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。