日本人男子たちの素晴らしい演技

羽生選手 表彰台の瞬間

私はオリンピック大好き!
といえるほどスポーツ通ではないのですが、
冬のオリンピックで行われる、フィギュアスケートは大好きで、
寝不足になりながらも、応援してしまいます。

今回は史上最高のメンバーともいえる3人の選手たちが
それぞれの演技を魅せてくれましたね。

私は特に羽生選手のすらっとしなやかな演技が大好きなのですが、
ショートプログラムの『パリの散歩道』の演技は、
神が降りたかのように、素晴らしい演技をしていましたが、
その演技の後に、『まだ、こんなもんじゃない』という彼の言葉を聞いて、
世界の舞台で人を惹き付ける演技をする人の、ストイックさというか
芯の強い男らしさを感じました。

19歳という年齢で、金メダルへの周りの期待や重圧の中
自分らしい演技を行うって、、並大抵なメンタルじゃないですね。
メダルを取ることだけがオリンピックじゃないと思いますが
そんな中トップに入る選手をみていると、
最後は運を引き寄せるほどの強い精神力なのかなーぁ
なんて、感じます。

町田選手、高橋選手の演技も本当に素晴らしかったですね。
特に高橋選手の笑顔ふりまく演技には、感動をもらいました・・・

それでも、人に感動を与えるだけじゃメダルがとれないのが、
フィギュアスケートの難しいところ。
高橋選手のファンは、悔しかっただろうなぁ。。。

個人的には、フリープログラムは、
アメリカのジェイソン ブラウン選手の演技が好きでした。

競技としての演技と、プロスケーターとして表現者としての演技は
また違ってくるのだと思いますが、今後の選手たちの活躍が楽しみです。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。