紫外線で光るダイヤモンド

dia-blackd

今日、職人さんと打ち合わせの時に、
とっても面白い話を聞きました。

ダイヤモンドのグレードには、4Cという基準がありますが、
カラー(色)、クラリティ(不純物の量)、
カット(研磨の美しさ)、キャラット(重さ)
で、価格にとても差がでるのです。

そんな中、紫外線で光るダイヤモンドというのは、
いわゆる蛍光性(紫外線、ブラックライトを当てて光る性質)
をもっているのですが
カラーをごまかす原因になる(白っぽく見えるから)
といった意味合いからか、
どちらかというと価格が安いという基準があるのですが、
一般的なグレーディングでは確認しないことが多いため、
通常の仕分けに含まれている事があるようです。

最近では、そんな不思議と
ブラックライトで輝くダイヤのみを使用し、
クラブシーンで目立つためのジュエリーを
作る方もいるのだとか。

ブラックライトで光るダイヤモンド
なんだか輝き方がとても妖艶で、
そこに神様が宿っているみたい。

インドの神様コレクションに、
この不思議ダイヤモンドが使えないかしら、と
今日もイメージを膨らめています。

designer 春名めぐみ

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。