Citrine

citrine
商売の繁盛と豊かな富をもたらす『幸運の石』 11月の誕生石です。
『シトリン』の語源は、この石の色が柑橘類である”シトエン”の果実に似ていることに由来します。
中世ヨーロッパでは『トパーズ』(フォールスネーム)と呼ばれ上流階級の人々に非常に愛好された石と伝えられています。『シトリン・トパーズ』と呼ばれるのは、その名残なのです。
現在ではその明るい黄色と透明感で、多くの人々に愛されています。

パワーストーンとしての効果

古くから『商売の繁盛』と『富』をもたらす『幸運の石』として大切にされてきたシトリン。商売運や財運をアップさせてくれますので、これから新しく事業を始めようとする人や会社をもっと拡大したいと願う人に心強いサポートをしてくれるでしょう。途中で困難や壁が生じたとしても、それを克服する勇気や知恵を与えてくれるといわれています。また、『太陽のエネルギー』をもつシトリンは、はつらつとした積極性をはぐくみ、希望や勇気などの明るいエネルギーをもたらしてくれるでしょう。ネガティブな感情に陥りやすい人や、自分を表現することが苦手な人が身につけることで、明るく太陽のような性格になるようにサポートし、まわりの人とのコミュニケーションを豊かで円滑なものにしてくれます。ハートから明るく元気になることで、心だけではなく身体の健康も促進し、充実した毎日を送れるようになるでしょう。
ヒーリング力にも優れているため、蓄積したストレスをやわらげ心身のバランスを安定させ、生きる希望を授けてくれます。仕事や勉強などでイライラしたり、プレッシャーに押しつぶされそうなとき、このシトリンをデスクに飾ったり、アクセサリーとして身につけることをお勧めします。波立った感情をおだやかに鎮め、落ち着きと冷静さをもたらし、確かな判断力で、課せられた問題もクリアできるでしょう。
『無理』『出来るはずがない』という言葉に影響されたり、信念が揺らぎやすい人にもお勧めの石です。
夢や目標を叶えるために、自分自身の意見をしっかりと持って、
前進するための努力を続けれるように、勇気づけ、サポートしてくれるでしょう。
また、内面からの若さや健康を保つ力があるともいわれています。

ヒーリング効果

○金運
○幸運
○希望
○太陽のエネルギーを象徴する
○商売、仕事
○明晰性をもたらす
○目的意識をもたらす
○人生における満足感
○充実した日々をおくるためのサポート
○視神経の働きを高めるとともに、胸腺の不調を改善する力があるといわれています。

浄化・お手入れ

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

鉱物学データ

分類:酸化鉱物
組成:SiO2
結晶系:
三方晶系(低温型)
六方晶系(高温型)
色:薄黄色-オレンジ
光沢:ガラス光沢
モース硬度:7
比重:2.65
シトリン(citrine)

シトリン(黄水晶-きすいしょう/yellow quartzとも)は黄色~茶色かかったクリスタル(水晶)のことです。
シトリンの黄色は主として鉄イオンによって発生し、シトリン(黄水晶)とアメシスト(紫水晶)の色の違いは色中心のエネルギー準位の違いと考えられています。 11月の誕生石で、石言葉は「友情・初恋」です。希少なシトリンとしては、深いオレンジ色の入った「マディラシトリン」と呼ばれるものもあります。
またごくまれにシトリン(黄水晶)とアメシスト(紫水晶)が同一結晶内に混在していることがあり、これは「アメトリン」(ametrine)と呼ばれます。シトリンの薄い黄色はシトリン・トパーズとも言われ、トパーズの代用品として使われることもありますが、外見が非常に似ているため見分けるのは極めて困難です。
シトリン(黄水晶)の主な産地はブラジルのリオ・グランデ・ド・スル州です。
しかし天然のシトリン(黄水晶)の産出は少なく、 市場に出回っているものはアメシスト(紫水晶)かスモーキークォーツ(煙水晶)を熱処理して黄色に変色加工したものが大部分を占めます。
シトリンの名はラテン語で「黄色」を意味する「citrina」に由来しますが、これはかんきつ類のマルブッシュカンを表す「citron」と同じ語源です。

ジョーティシュ鑑定としての処方

シトリンは黄色い石なので、木星を象徴するカラーになります。