Iolite

iolite
夢や目標、自分らしさへと導く石…ビジョンを指し示す人生の羅針盤。

パワーストーンとしての効果

現代の私たちにとっては、夢や目標、自分らしさを見つけられない時に人生の羅針盤的役目をしてくれる石です。「ビジョンの石」とも呼ばれ、感性を研ぎ澄まし、感情的になりがちな心を鎮めて平常心をもたらし、本質的な解決へ導いてくれると言われています。目標に向かう道のりでは、困難なこともあるし、壁にぶつかって挫折しそうになることもある。そんな風に自信を喪失した時、本来の自分を見失いそうになった時に、アイオライトはその人らしいアイデンティティを呼び覚まし、本来の自分自身を取り戻す助けとなってくれますよ。アイオライトは、物事の二面性に気づかせることで、本質を指し示し、真実を見定める力をもたらしてくれるのです。また、アイオライトには霊的能力を高める働きがあり、心に安定をもたらし不安を取り除き安らぎをもたらします。
一途に意志や愛と貫く人を支える石で、恋愛面で迷いがちな人の愛と結婚の守護石とも言われています。バランスコントロールに優れた石なので、人間関係のバランス、男性的な正確と女性的な性格のバランスなど、人生におけるあらゆる不調和のバランスを調節してくれます

ヒーリング効果

○ビジョンの石
○正しい方向への前進
○感情の激高を鎮める
○不安を取り除く
○快楽への過度な欲求を鎮める
○過剰な期待からのプレッシャーを和らげる
○思考を安定させ平常心を保つ
○規律を守らせる

腎臓や肝臓における解毒作用を促し、体内の老廃物を代謝しすることで身体の内からの強い体質を助けます。また、身体に余分に蓄積した体脂肪を 減らす効果があるとも言われています。

パイライトの浄化・お手入れ

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

鉱物学データ

分類:ケイ酸塩鉱物
組成:Mg2Al3(AlSi5O18)
結晶系:斜方晶系
色:青緑色
光沢:ガラス光沢
モース硬度:7
比重:2.6

アイオライト(Iolite)の語源は、ギリシア語の“ion(菫色)”と“lithos(石)”。この名前は、ブルーのサファイアと並べた時にアイオライトがいくぶん沈んだブルーに見え、それが「菫(すみれ)がかった色」と例えられたことに由来します。鉱物学上では、『コーディエライト(Cordierite)』で、この鉱物の研究者であるフランスの地質学者コルディエ(P.L.A.Coldier)の名前にちなんで名づけられました。また、多色性が顕著な事から、『ダイクロアイト(Dichroite)』という別名もある。“二つの色をもつ石”という意味でつけられたが、実際には特徴的に3つの色が見える。ごく稀にある無色のアイオライトは『ホワイト・コーディエライト』と呼ぶべきである。花崗岩質の岩石中や安山岩の孔隙中、接触板岩中または結晶片岩中などの火成作用の産物として見られる鉱物。斜方晶系に属した短柱状結晶体や双晶などで発見される他、塊状や粒状などでも産出します。色は、紫青色や青色、帯褐青色など濃淡各種の青色を示しますが、90゜ほど方向を変えるとその軸色が菫色に変色する、いわゆる多少性が顕著に見られる鉱物です。

スリランカやインドのように堆積層ではなく川床から採れる方が多く、見た目がサファイアに似ていることから、「ウォーター・サファイア」と呼ばれることもあります。

【変種】
「ブラッドショット・アイオライト」=レピドクロサイト・インクルージョンを多く含むもので、一定方向に真っ赤に見え、“血の閃光”と呼ばれる。「アイオライト・キャッツアイ」=ブラッドショット・タイプのキャッツアイ変種がある。