Moon stone

moonstone
神秘的な月のパワーを秘めた『愛を伝える石』

パワーストーンとしての効果

月の光を宿したようなムーンストーンは、古くから神秘的な力を秘めた石として人々に愛されてきました。『月』は女性性の象徴であり、そのエネルギーを持つとされるこの石は、女性をサポートしてくれる力にあふれています。怒りや悲しみなどで情緒が不安定になっている時、この石を身につけることで波立った感情を穏やかに鎮め、平和なハートを持ち続けることができるでしょう。『恋人たちの石』『愛を伝える石』とも言われ、持ち主を優しく大らかな愛情で満たしてくれるといわれています。愛する人との出会いと恋愛を成就させ、幸せな結婚そして家庭へと導いてくれるでしょう。大切な人へのプレゼントにも最適の石ですね。情熱的なパワーも持つとされますので、マンネリを感じている関係にも新鮮な風をもたらしてくれるでしょう。
また、インスピレーションを高め、感受性を豊かにし、自分のなかに眠っている力を引き出してくれるパワーもあります。自分の進むべき道に迷っている人には、その迷いを取り去り、そっと正しい選択へと導いてくれるでしょう。身に付けると未来への予知能力をもたらし、家族や親しい友人などの危険を知らせ、その危険から守ってくれると伝えられています。ムーンストーンは、その繊細な雰囲気から、汚染したマイナスエネルギーに染まりやすいように見えますが、実は非常に自浄するパワー強いのです。そのため、どのような場所でも、清らかで優しいパワーを発揮してくれるでしょう。

ヒーリング効果

○トラウマの癒し
○女性性を高める
○月のエネルギーを受容する
○感受性を高める
○将来への見通し、未来予知○宇宙意識と繋がる
○永遠の愛を象徴する
○愛を伝える石
女性性を高めてくれますので、女性特有の生理痛や肥満、更年期障害などの悩みをサポートし、
出産を安心して済ませてくれるといわれてきます。
また、穏やかで優しい気持ちにさせてくれる効果もありますので、
うつやノイローゼなどから持ち主を守るとされています。

浄化・お手入れ

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水

鉱物学データ

分類:ケイ酸塩鉱物
組成:サニディンの場合
(K,Na)AlSi3O8
組成:アノーソクレースの場合
(Na,K)AlSi3O8
結晶系:サニディンの場合単斜晶系
結晶系:アノーソクレースの場合三斜晶系
色:白
光沢:ガラス光沢
モース硬度:6
比重:2.6

和名で『月長石』というとおり、長石長石(フェルドスパー)グループの仲間です。そのなかでもカリウムを多く含む正長石(オーソクレース)に属し、曹長石(アルバイト)成分も含んでいます。最初に『ムーンストーン』という名で呼ばれたのは、「オーソクレース」を主とした、「アルバイト成分」を含有するものです。ムーンストーンは正長石と曹長石の二つが交互に重なり合って薄層を作り、これを研磨すると光が互いに干渉し合い反射するため、真珠を思わせる柔らかい光“シラー効果”が見られます。曹長石(アルバイト)の層が薄いと青色が増し、これが厚くなると白色の光りが増します。ムーンストーンは、その色や“シラー効果”により、呼び名もそれぞれ違ってきます。《ブラック・ムーンストーン》 これは、ラブラドライトの一種。ブラックと呼ばれる色は、インクルージョンによるもの。美しい青色シラー効果を示します。《レインボー・ムーンストーン》こちらも、ラブラドライトの一種。ムーンストーンらしいイメージをもちますが、他の色の組成をもつため、正式な名前ではありません。主に、『ブルームーンストーン』が示すような青色シーン効果以外の色をもつものを『レインボームーン』と呼びます。
レインボームーンのカラーは多彩で、主に黄色や橙色などの色を示すことが多いのですが、
高品質なものとなると美しい虹色を見せるものがあり、その希少性から高く評価されています。