希望

dasha

連休早々、体調を壊してしまい
久しぶりにベッドの上で過ごす毎日。

ここ数年は、自分自身のメンテナンスを
きちんとするようになったおかげで
星に対するアンテナ感度が高くなっているので
まったく現状の天体を把握していなくても
自分の調子でなんとなく今どんな状態か
わかってくるようになりました。

これだけ星が逆行が重なってくると
逆行に慣れて生まれた私でも、
不調になりますね。。。

以前『鈍感力』という本が
話題になった事がありましたが
感性が研ぎすまされてるほど
今の世界(とくに日本)は
生きにくい場所になってしまう
そんな風におもいます。

社会や大きな組織で働くためには
鈍感なほうが痛みや苦しみを感じなくて済む

ただそれは同時に
生きる喜びとか、細やかな幸せを
感じにくくすることでもあるわけで
とても表裏一体なもの。

元々持って産まれた個性や
育てられた環境
自分が成長していく過程で
積み重ねたものがあるからこそ
今の自分の『感性』や『鋭さ、鈍さ』がある訳だから
どちらが良い というものでは
ないんだよなぁ、、、と
そんなことを最近は感じます。

すべての事に、因果応報は存在していて

今回の体調不良は、家にあった
プランターの土を捨てる際に
喉を痛めたのが原因だけど、

それも辿れば`急がば回れ`を
しなかったせいだなと

マスクをしたほうがいいなー
と、こころの中で思ったのに
旦那が早く片付けろというから、、、と
そのままの状態で言われるまま作業した
私の自己主張の欠如が原因

争いごとを好まないから
自分がこだわりがないことに対しては
”まーいいや” というか
主張したり、考えることを
放棄してしまう癖

これ、
非常に日本的だなぁと。

この国で生活しているには
周りと調和しやすくなるから
良い面でもあるけど
きちんと意思を持った上で
1つずつチョイスしていなくても
なんとなーく生きられちゃう
日本だから通用する部分でもあるのですよね。

思った事を主張する大切さや
自分の感性やカンに忠実であること
やりたいことを制御しないこと
そういうことがしやすい世界で生きなさい

これが NYへ行く理由の一つ

成長の過程として、
私にとって、そんな時期なのでしょう。

『鈍感』なのではなく
様々なものを感じられる上で
全てを受け止める度量ができれば。。。

結局のところ、
器なんだと思います。

器が大きく、透き通っていれば
この上なく人生は
楽しいものになるんじゃないかな

私なりの価値観や
感性を軸に自由に生きたいものです

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。