『自分の心がときめいているかどうか』

IMG_3868

『自分の心がときめいているかどうか』

昨日、私が素敵だなーと思っている
8つ下のコピーライターをしている女友達の言葉から、
とっても素敵な事を教わりました。

彼女の持つ『座右の銘』が、
上に書いた言葉。

*心がときめいているかどうか*

これって、自分にしか解りません。

他人からみて、
なんてことはないことでも

本人が心がときめいていれば、
それはその人にとって素敵なことで

逆に周りからみてどれだけ幸せそうでも
本人の心がときめいていなければ
実際はそんなに幸せじゃない

女性ってそういう生き物なのだと
私は最近、身を持って感じます。

『今、貴方は何に心をときめかせますか?』

と質問した時に、
すらすらーっと笑顔で答えが
返ってくる人が
素敵でないはずがありません。

それくらい『トキメク』というのは
心の中をキラキラさせて
動き出す原動力を与えてくれると思うのです

ただ、これは女性特有の
感受性なのかもしれませんね

男子的にいうと
『ワクワク&ドキドキするかどうか』『楽しいか、つまんないか』

という感性になるのかな。(同席していた男性の言葉)

男子はアドベンチャー、戦国、ハンター、パズル

女子はドラマティックな恋愛やシンデレラストーリー

にファンタジーを覚えるのは
こういう背景があるのかもしれません。

何が言いたいかというと、

『ときめくかどうか』
『ワクワクするかどうか』
『とにかく楽しい!か』

これは誰かに決められる事じゃなく
自分でしか解らないから

トキメクこと、
ワクワクすること
楽しいことを
中心に生きる出来る人生を選びたいなら

誰かに決めてもらわずに
自分で決めよう!ということ。

そして、
人の心を動かす『何か』をもっている人は
必ずと言っていいほど、
小さな事でも『ときめき』『ワクワク』
できてる人だと思います

Anyway,
そんなことより
今日、そのN子ちゃんの言葉で
一番気づかされたのは

『トキメいた!!!!』って時に
自分の心を正直に受け止めることが出来るって
すっごく心のタフさが必要だってこと。

===これを恋愛に例えれば、

久々にズキューン!と
♡を射抜かれるような
ときめきを感じたとして、

その相手に無防備なまま
まっすぐ胸に飛び込めるって
ものすごい勇気(または自信)
がないと出来ない事

それは、打算じゃなく
真っすぐに心が
ときめいた相手に向かったときに
受け入れられず
拒否されることが怖いから

自分を受け止めてもらえるかどうか
不安になってしまう訳です

単なる遊びじゃなくて
本気になるほど臆病になるのが
恋愛ってやつじゃないでしょうか

生み出したデザインを好き、
嫌いってジャッジされるのも
これと受ける感覚は似ています。


===これを事業投資に例えるなら

自分はとっても親身になって
お金も出し、親身にサポートをして
精一杯頑張ったのに対して
まったくリターンがない

それでも将来に期待して
ドキドキ楽しめる何かがあれば
許せる部分もあるのに、
ワクワクさせてもらえない上に
相手からは何の感謝もされていない

さらにはそれを
少し指摘しようものなら
理論武装で攻撃された

なんで、ずっと我慢してた
正論を言っただけなのに
オレが悪い事になってるんだ?!

なんていう、
最低最悪なケースを
そのまま『はい、そうですね』
受け入れることが出来る人間なんて
いないわけです
(受け止めきれたら神様レベルでしょう)

信じていた夢をかなえるため
託してみた、、、

お金や時間を投資した場合ならば
尚更、その結果が悪かった時の
相手の誠意の持ち方をみて、傷つきます

事業(計画)にも、
恋愛の結末(感情)にも

100%完全なもの、なんて存在しない

だからこそ

『心がときめいているかどうか』

=自分の意思で、本心から動きたいのか

『心の底からワクワクするかどうか』

=結果はどうあれ、冒険(リスク)を取る価値があるか

この2軸を自問して
自分の内側から答えを出す事が
とても大切だと思います。

どんな選択をしても、
その瞬間の判断の言い訳をせず

最後は自分が選んだ道を
誰かのせいにしたりしない

=やったことの後悔をしない

そんなチョイスをしていきたいものです

最近、久々に心が
ワクワクしてときめいたことに対し
素直になれなかった自分がいました。

なんで、そこで私はひるむのか?!と
度胸がない自分にびっくりすると同時に
すっごく後悔した出来事でした

あー!やってしまったーって後悔より

逃げちゃった後悔のほうが大きい事を
実感しています。

勝負して負けた時より、
勝負から逃げた時の方が後悔します

しまった、チキンレースを渋って
後味が悪いなー。。。って感じの後悔。

チャンスの神様は
前髪しかないって言うけど

もう1回、チャンスがあったらいいな〜
(我ながら、女々しい自分に驚く)

経験のないことにトライするためには
心のタフさが必要なので
今は、自分の精神状態を安定させよう!

心の感受性の扉を開くって
それだけ感動も大きくなるけど

受け取り方を間違えると
傷つくこともその分増える

あらゆる事柄の受け止め方を
もっともっと学ばないといけないな

そんなことを思う夜でした。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。