クアラルンプール vo.2 バティック体験♪

batic-01

今日はバティック染体験の講座へGO。
滞在中のFUNAちゃんのお家に、彼女が以前、体験して作ったバティック染めを見つけてしまい、『私もやりたい〜〜〜』といって連れて来てもらいました。

バティック(Batik)とは、
インドネシアやマレーシアで作られているろうけつ染め布地のこと。
染色をするときにロウソクのロウで模様を描いた部分を白く抜き、
それ以外を染料で染めていくという手法。

日本では、あまり知られていない染め方の一種(ネーミング)なんじゃないかと思うのですが、
私はクアラルンプール(マレーシア)に来て、初めて知りました。

伝統的な方法を体験したので、以下レビュー♪

batic-04

①まず鉛筆で下書きをします。

この行程で、初心者はテンプレートのイラストがたくさんあって、その中から選んだ下絵をトレーシングペーパーの感覚で映すのですが、
私の場合は、しれ〜っと、下書き絵を使わずに、好きなように鉛筆で下絵を書きました。

batic-05

(ただし、体験学習の場合、下絵に使っていいのは10分〜15分くらいのようで。もっと丁寧に構図を考える余裕が欲しいなーとおもいつつ、なんとか書き終える)
ちなみに、下絵はウォッシュ(作業の後に、ロウを熱湯で洗い落としてもらう)すると消えるので、この時点で少し構図が変だなーとおもったら、ロウの線で構図をかえる事はできます。ただし、初めての場合はペンを扱うのも難しいため、難易度はちょっと高め。

mogmin-batic-01

②ロウで、下絵をなぞるように書く

この行程が、非常に難しく、熱して溶けたロウが入ったペン(小さなジョーロのようなものがペン先についた独特のペン)を使って、ロウをしみ込ませながら、スムーズに繊細にペンをなぞらせます。

ロウが生地にしみ込まないままペン先を進めてしまうと、白抜きはおろか、色が混ざる原因になってしまうので、ロウが固まってきたらペンを暖め直して新しいロウを入れ直し、地道に何度も線をなぞっていく作業。カリグラフィーの初級練習にも通じるのですが、線を使い慣れないペンでまっすぐに書くというのは、なかなか大変なもの。
ただし、真剣になってやると、、、なかなか楽しいものですよ。

③ロウを乾かす(ちょっと足りないところを、職人さんが手直ししてくれました。ここはもう少し厚い方がいいわ〜みたいなことをいいながら、ちょいちょいっとロウを足してくれます)

batic-03

④色を調合して、生地に色をのせていく

塗り絵感覚で少しずつ、色を生地にのせていきます。なかなか楽しい行程です!塗り絵といっても、生地なので、筆でのせた色素がじわーっとひろがっていくのですが、ロウのところでピタ!っと停まる感覚が新体験。ちなみに、上手になるとグラデーションもお手の物になってくるようですが、わたしは初めてだったので、グラデーション技術はうまく行かず、断念しました。
『どうやってグラデーションをつくるの?』という人は、その部分は職人さんに手本をなんどかデモンストレーションしてもらってからスタートするといいですよ。

mogmin-batic-02

注意*この行程は、手や服が大変汚れるので、神経質な方はよごれて良い服装と、手術用なんかのゴム手袋をして行なった方が良いかも?!笑 私はあまり気にせず、もくもくと作業していたら、手がひどく汚くなりました。(2、3日でだいたい落ちますが。メイククレンジングなどを持っていくと、多少落ちるかも)

注意2*この色ぬり行程は、ある程度作られた色合いから選ぶ空気感ですが、色合いが納得できない場合は、『もうちょっと薄い色が良い!』とか、自分の希望をがんばって伝えていくと、職人さんの機嫌がよければ作ってくれます。(これは運次第かも)あと、私は配色について相談をしたところ、『うーん、そうきましたか!』といった色合いを進めてくることが多々なので、基本的に自分の感性を信じて色を塗る事をお勧めします。ま、マレーシアらしい配色を楽しみたい方は、職人さんの意見に身を任せるのも面白いかもしれません。

batic-kansei

⑤完成!(体験はここまで)この後の行程として、ウォッシャブルにするためには、職人さんにロウを洗い流してもらって、乾かす為に2〜3時間必要なので、当日の夕方や翌日に受け取りにいきます。時間がない方は、そのままの状態で乾かして持っていくこともできるそうです。(乾く時間については、お問い合わせください。)だいたい制作時間は絵柄とサイズによって、1〜2時間程度です。

そんなこんなで作った初バティックがこちら。

出来映えは1度目にしては、まぁまぁかな?久々に真剣に自由なお絵描きをして、楽しかった〜
もし2度目のクアラルンプール旅行することがあれば、こんどは大判スカーフにトライしたいな。

お店情報:Jadi Batek Gallery
JADI BATEK GALLERY SDN BHD
30,jalan Inai, Off Jalan Imbi, 55100 KL
☎603-2145-1133
営業時間 9am-5;30pm

金額:
プチハンカチサイズ 20リンギット
少し大きな長方形  30リンギット 〜(日本円で、約1000円〜1200円)
*サイズによって異なる。
*通貨レートは、当日の両替 約35円で計算しております。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。