roomsへ


先日は、原宿で行なわれていた
ファッション展示会roomsへ足を運びました。

ところ狭しと多くの店舗が出店されていたのですが
ジュエリーブランドもたくさん出店されていて
とても勉強になりましたよ。

2、3素敵なブランドも見つけてしまいました。

ブースを回っていて、とても強く思ったこと。

それは、
『作品(商品)そのものに魅力があるか』
ということがとても大切であるなという実感。

販売する ということが目的であっても
ファッションはやはり、夢がないといけないなぁと。
きちんとしたコンセプトデザインがあるブランドには
やはり惹き付けられる魅力を感じました。

そして、出店時の『魅せ方』
やはり素敵な商品をだされていても、
魅力が伝わりきっていないような
簡素なブースもありました。

その2つがきちんと出来ているブランドは
印象に残りましたね〜。

でも、もう1つとても大切だなと思った事。

それは、接客。
デザイナー本人がいらっしゃるブースもありましたが
販売員であろうが、はやりブースの顔として立たれている方の
対応1つで、そのブランドの印象が
180度変わってしまうものだなぁと。

さきほどの、魅力があるとおもったブランドの中でも
店頭に立たれている方の対応を、
すこし残念に思ったブランドがあり、、、

丁寧で、マニュアル的できちんとしたマナーでも、
高飛車な雰囲気よりも、
多少素朴でも人柄のよさを感じる
デザイナーさん本人や店員さんがいらっしゃるブースのほうが
かなり好印象を感じました。

実際、私ならば
なにか自分にジュエリーを購入しようと思った時、
いい印象を得たブランドで買ってしまうと思います。

もちろん、商品の世界観やデザインが第一なのだけど

それ以外の
『形にできない雰囲気や、感じた事』は
人の心に強く残るものだなぁと
とても勉強になった1日でした。
私は評論家ではなく、1人のデザイナーであり
1人のカスタマーとしての感覚ですが。。。

帰りがけに、伊勢丹の元バイヤーさんとして有名な
藤巻百貨店の藤巻様をお見かけしたりもしました。

やっぱり、自分の世界に籠る時間も大切ですが
様々な世界やブランドに触れる時間も、
いいキッカケを与えてくれますね。

これからもいい作品が作れるよう、がんばります。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。