Topaz トパーズ

topaz

トパーズ(和名は黄玉-おうぎょく) は、ケイ酸塩鉱物の一種です。
語源はギリシャ語で『探し求める』を意味する『topazos』(トパゾス)からつけられましたが、
これは紅海に存在するかつての産地、「セント・ジョンズ・アイランド」(St.John’s Island)
を探すのが困難だったから、とされています。トパーズの石言葉は「誠実」で、11月の誕生石です。

パワーストーンとしての効果

トパーズは誠実という石言葉を持ち、
勇気を持って未来に進む為のサポートをする石と言われます。
トパーズ全般で最も特徴的な特性としては持ち主にとって必要なものと
出会わせてくれる石であると言う事です。
探し物に会えると言っても良いかもしれません。
仕事、恋愛、人の縁など自分が望むもの、自分にとって必要なものを
トパーズは見つけやすくしてくれるのです。
直観力と洞察力を高め、曖昧な物事をはっきりさせることで、
目の前のもやっとしたものが晴れていき、自分が本当に何を必要としているのか、
何を見るべきなのかが分かってくる、そういうサポートをしてくれる石と言えます。
そしてトパーズは、欝蒼とした状態を払い、未来に対して希望をもたらしてくれます。

ヒーリング効果

○自分に必要なものやチャンスを引き寄せる
○直観力と洞察力
○転職のお守り
○憂鬱を払い、明るい希望をもたらす
○曖昧な物事をはっきりさせる
○恋愛成就

浄化・お手入れ

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×

鉱物学データ

トパーズはフッ素を含むアルミニウム珪酸塩で、産地ごとに多少異なった性質を持っています。
多くのカラーを持ち、古くから宝飾品として使用されてきました。
本来は無色透明な石ですが、和名を黄玉(おうぎょく)と言います。
日本でこの名前がつけられたときは、青いトパーズは広くは知られていませんでした。
しかし、明治の初めのころには、滋賀県で大きいトパーズの結晶が産出し、
その中には美しいブルーのトパーズも含まれていました。そのほとんどは、世界に流出し、
この時代日本は有名なトパーズの産出国として知られていました。
現在市場に流通するほとんどのブルートパーズは、放射線を照射して着色したものです。

比較的硬い鉱物ですが、結晶の上下軸に直角の方向に割れやすい性質(劈開性)
を持っているため、弱い方向に軽く打っただけでもひびや内部亀裂(クラック)を
起こすことがあり、場合によっては割れてしまうこともあります。

トパーズは光や熱の影響による色の変化の激しい石です。はっきりとした理由は
分かっていないのですが、その原因は結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられています。

トパーズは宝石学では2つのタイプに分類されます。
トパーズの最高峰とされるものは、OHタイプに分類され、
「インペリアルトパーズ」という宝石名で呼ばれており、
いくぶんオレンジ味をおびています。
黄玉の名前のモデルになったFタイプは、放射線処理によって様々な彩りを与えられるのが特徴で、
ブルーの色をのぞいて、光に晒され続けると退色する性質を持っているため、
耐光性を持つOHタイプのトパーズには、インペリアル(最高のもの)という名前が付けられています。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。



sapphire-pink
Fluent 〜Sapphire〜
IMG_4186
手ぶらで飛行機に乗る!
9837552655_1f0faa1a11_n
ベランダからの贅沢
gem-960
gemdrop