やる氣スイッチ

megumi-haruna2048

少し早めの5月病、なんでしょうか。
世の中が休みモードになると
元気がなくなってしまう、
アマノジャクな私。

というよりは
たぶん仕事が大好きだから
色々とやりたくても
外がストップしてしまう
連休が苦手なんでしょうかね

やらなきゃいけない仕事は
山積みになっていく反面
やりたい仕事もあるのに
なんとなくエンジンが上手く回らない

そんな感じのまま
ここ1週間くらい過ごしていました

(ブログの更新も、
途絶えてましたねー)

相手の人のポジティブポイントや
その人が探している飴玉(宝石)を
見つけることに関しては
私、天才的に上手いのではないか?

そんな風に思うこともありますが

自分のやる氣スイッチだけは
上手に自分で
押す事ができないんですよね。。。

それが、人間らしさであり
人である私の限界なんだな。

自分の事を動かすことの大切さと
その為に必要なエネルギーには
源泉と動き出すキッカケが必要なんだなぁ。。。

そんなことをあたらめて
考えていたりしました。

自分の心の中に
上手く光が入らない
黒点に入ってしまうと
自分の心をオンにするために
『(やる氣)スイッチ、どこ〜?!』と
メガネ、メガネ状態になるわけですよ。

(目が見えない人が、
頭の上にメガネをかけてるのに
気づく事無く探し続ける、アレです)

自分自身で自分の心は
照らす事ができないから

共有できる誰かと
話す事で響き合うというか
光を当て合うことが必要なのかな。

ここのところ、
ずっと小さなモヤがかかっていて
すっきりしなかったのですが
それを感覚的に
分かってくれる相手と話し
なんとなく共有したら
すっきりと空の上が
明るく見えて来ました。

インド占星術の勉強も
まど香さんと出会ってから
お互いの視点がまったく違って
気づくポイントが異なるので
常に新しい発見があって
学び合ってくる事ができましたが
それも相性あってのものですが
相手あってのこと。

一人では、
思考にも心にも、
波は立たない

誰かが刺激をくれるからこそ
脳が刺激され、新しい視点を得たり

心が揺さぶられるからこそ、
ワクワクしたり、ソワソワしたり、安心したり、、、
様々な感覚を得られるのですよね。

大切な人が居てくれるからこそ
自分という存在を
ちゃんと見る事ができる

人は一人では
生きることはできない

そんな当たり前のことを
改めて感じる夜でした。

そんな事を感じる夜でした。

ブログランキング。応援頂くと励みになります。

© by MEGUMI HARUNA (春名めぐみ)
MEGUMI HARUNA(メグミハルナ)では、ジョーティシャ(インド占星術)の宝石処方をおこなっております。